ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新型コロナウイルス感染症(まちづくり防災課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月20日更新

令和元年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者が発生し、国内外で感染者や感染地域が拡大しています。

町民の皆様におかれましては、正確な情報に基づき、過剰に心配することなく、咳エチケットや手洗いの徹底等通常の感染症対策に努め、冷静な対応をお願いいたします。

また、役場では感染予防のために職員がマスクを着用して対応をさせていただく場合があります。

新型コロナウイルス感染症とは 

ウイルス性の感染症の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれており、潜伏期間中に感染する恐れもあります。

感染経路については、感染者のくしゃみ、咳、つばなどによる飛沫感染と、感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後に触れたものにウイルスが付着し感染する接触感染によりうつるといわれています。

日常生活で気を付けること

  1. 外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。
  2. 免疫力を高めるため、普段から十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけましょう。
  3. 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。
  4. マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみの症状がある人は積極的にマスクをつけましょう。一方で予防用のマスクは屋外では効果があまり認められていないため、人混みの多い場所に行かない、手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行いましょう。
  5. 湖北省から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に保健所へ連絡したうえで受診していただきますよう、御協力をお願いします。なお、受診に当たっては、湖北省の滞在歴があることを申告してください。
  6. 海外へ渡航される際は、厚生労働省検疫所FORTHホームページ<外部リンク>などにより、感染症の発生状況について確認のうえ、感染予防に留意してください。

こんな方はご注意ください

次のような症状がある方は、医療機関を受診する前に、まずは保健所に設置している「帰国者・接触者相談センター」へご相談ください。

  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

※ 高齢者の方や基礎疾患等がある方は、上の状態が2日程度続く場合はお早めにご相談ください。

 帰国者・接触者相談センター(三戸地方保健所) 電話番号 0178-27-5111

一般的なお問い合わせなどはこちら

その他、ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては次の窓口にご相談ください。

 厚生労働省電話相談窓口 電話番号 03-3595-2285(フリーダイヤル)
                   受付時間 9時から21時(土日祝日も実施)
                   聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方 FAX 03-3595-2756

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る