ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 商工観光課 > アピオス(ほどいも)

アピオス(ほどいも)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月19日更新

アピオス(ほどいも)アピオスは別名ほどいもと呼ばれるマメ科のつる性植物です。
原産地は北米ですが、日本では青森県から広まったと言われており、推測値ではありますが生産量は全国1位とされています。
青森では明治時代、アメリカからりんごの苗木を輸入した際、苗木の土中にアピオスが混じっていたとも言われます。
塩茹でするだけでそのまま食べられ、栗とイモを合わせたような味です。
ジャガイモと比較して、カルシウムや鉄分を多く含み、栄養価が高い農産物です。
蒸す、焼く、ゆでる、揚げるなど調理は自在で、皮に栄養価があるのでまるごと食べるのがポイントです。農薬と化学肥料を一切使わず栽培をしています。

伝承

昔青森では娘が嫁ぐとき、母親がアピオスを嫁に持たせて、「この芋を庭の垣根のそばに植えて、妊娠や授乳などで体力が衰えた時に掘り出して食べなさい」と教えたとも言われています。 昔から栄養価の高い野菜として知られていたことがわかります。

おいらせ町内取扱店

おはよう広場

  • 住所:おいらせ町木ノ下東3736-1(JA十和田おいらせ下田支店野菜センター向い側)
  • 電話:0178-56-5487

観光農園アグリの里おいらせ

観光PRセンター味祭館

  • 住所:おいらせ町新助川原33-2
  • 電話:0178-52-8696
お問い合わせ先

 生産者:松林清市

  • 住所:おいらせ町三本木111-8
  • 電話:0178-56-3501

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る