ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > おいらせ阿光坊古墳館 > 埋蔵文化財包蔵地の確認

埋蔵文化財包蔵地の確認

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月7日更新

埋蔵文化財包蔵地内での開発は届け出が必要です

青空の下に、阿光坊古墳群が広がっています。

埋蔵文化財包蔵地の確認

土地の各種開発計画がある場合、予定地が包蔵地であるかどうかを、おいらせ阿光坊古墳館窓口で確認してください。確認結果を文書でお知らせします。包蔵地内の場合は《開発前に届け出書の提出が必要》です。

埋蔵文化財包蔵地であると、どうなりますか?

教育委員会の担当者が現地踏査や試掘調査を行い、土地の状況を確認します。発掘調査が必要と判断された場合は、改めて打ち合わせをさせていただきます。調査、記録後に工事の着工をすることができます。

おいらせ町内包蔵地字名

阿光坊(あこうぼう)、洗平(あらいだい)、内山平(うちやまたい)、木崎(きざき)、神明前(しんめいまえ)、千刈田(せんがりだ)、染屋(そめや)、舘越(たてごし)、立蛇(たちじゃ)、中下田(なかしもだ)、中平下長根山(なかたいしもながねやま)、中野平(なかのたい)、西下谷地(にししもやち)、西前川原(にしまえかわら)、沼端(ぬまはた)、浜道(はまみち)、東下谷地(ひがししもやち)、瓢(ふくべ)、松原(まつばら)、向山(むかいやま)、向平(むかいたい)、山崎(やまざき)

埋蔵文化財包蔵地の確認に関するお問合せは、おいらせ阿光坊古墳館までお願いします。

アクセス

おいらせ阿光坊古墳館への主なアクセス方法
鉄道・バス

青い森鉄道「下田駅」下車⇒おいらせ町民バス(南線内回り)「阿光坊古墳群」下車(徒歩3分)

バス

おいらせ町民バス(南線)⇒「阿光坊古墳群」下車(徒歩3分)
十和田観光電鉄バス(八戸十和田線)⇒「下阿光坊」下車(徒歩3分)

自動車下田・百石インターチェンジから国道45号を十和田方面へ3km

阿光坊古墳館地図


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る