ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり > ボランティア > サークル・社会教育団体の設立

サークル・社会教育団体の設立

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月6日更新

 社会教育団体の認定を受けると、町の公共施設(公民館、みなくる館など)を利用する場合、施設使用料の減免を受けることが出来ます。ただし、暖房料は減免されません。

 社会教育関係団体の認定については、以下のようになります。

認定要件(これらの要件を満たしている必要があります)

  • 団体の構成員のうち町内に居住し、または通勤もしくは通学する者が半数以上で、かつ主たる活動の場所が町内にあること。
  • 政治活動や宗教活動、営利目的の事業を行わないこと。
  • 町主催の文化祭や発表会もしくは地区公民館や町内会での催しなどに参加する等、自らの活動の他、社会教育の推進に積極的に関わること。
  • 社会教育事業を計画的かつ継続的に行うことを主な目的としていること。

手続きについて

 以下の書類を社会教育・体育課に提出します。(各公民館経由でもかまいません。)

  • おいらせ町社会教育関係団体登録申請書(様式第1号)
  • 団体活動調書(様式第2号)
  • 会員名簿(様式第3号)
  • 規約または会則(特に様式は定めません。)
  • 予算書(会費が発生する団体のみ。特に様式は定めません。)

その他注意点

  • 個人主催のお稽古事は営利目的に該当しますので、公民館の利用はできません。
  • 公民館利用の際には、改めて公民館利用許可申請書と、公民館使用料減免申請書の提出が必要です。
  • 認定期間は、団体が解散した日または登録の取消の日までです。(ただし、年1回の更新手続があります。)
  • 町内の公民館で活動している団体については、社会教育・体育課へお問い合せください。 

社会教育関係団体申請様式-word [Wordファイル/70KB]

社会教育関係団体申請様式-pdf [PDFファイル/156KB]

記入例 [PDFファイル/186KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る