ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

電源三法交付金とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月5日更新

電源三法交付金ってなに?

 電源三法とは、昭和49年度に創設された「電源開発促進税法」「電源開発促進対策特別会計法」「発電用施設周辺地域整備法」の総称で、発電所を受入れる地域の福祉向上を図り、地元の理解と協力の下に電源立地の円滑化を図るために設けられた施策です。

電源立地地域対策交付金ってなに?

 電源三法のうち、発電用施設周辺地域整備法に基づいた交付金が、「電源立地地域対策交付金」です。
 この交付金は、発電用施設の立地地域・周辺地域で行われる公共施設整備事業や住民福祉の向上の助けとなる事業に交付することで、発電用施設の設置に係る地元理解促進等を図ることを目的としています。

電源立地地域対策交付金充当事業

  1. おいらせ病院運営事業費…おいらせ病院看護師人件費
  2. 観光施設等維持運営事業費…下田公園、しもだサーモンパーク植栽管理委託費
  3. 町健康診査-がん検診委託事業…健診、がん検診委託費
  4. 学校施設運営事業…小中学校、給食センター光熱水費
  5. 特別支援教育支援員配置事業…小中学校特別支援教育支援員人件費
  6. 児童館運営事業…児童館児童厚生員人件費

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る