ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 震災復興情報 > 震災復興情報 > 東日本大震災により住めなくなった家の住宅ローン

東日本大震災により住めなくなった家の住宅ローン

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月6日更新

金融庁と財務局からの大切なお知らせ

東日本大震災により住めなくなった家の住宅ローン、残っていませんか?

「個人版私的整理ガイドライン」を利用することにより、住宅ローンなどの免除を受けることが出来ます。
(注)債務の免除には、一定の要件を満たすことが必要となります。

「個人版私的整理ガイドライン」を利用するメリット

  1. 個人信用情報の登録などの不利益を回避できます
  2. 国の補助により、弁護士費用はかかりません
    (注意)運営委員会に登録された弁護士の費用に限ります
  3. 手元に残せる現預金の上限が、500万円を目安に拡張されています
    義捐金等は、上記500万円とは別に手元に残すことができます
    (注意)被災状況、生活状況などの個別事情により減額があり得ます

 この制度は、被災された方の生活再建を支援するための制度です。
 まずはご相談ください。

問い合わせ先

個人版私的整理ガイドライン運営委員会


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る