ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 第14回日米合同鮭の稚魚放流会

第14回日米合同鮭の稚魚放流会

印刷用ページを表示する 掲載日:2023年4月17日更新

鮭の稚魚 元気に戻ってきてね!

町と町観光物産協会(木村雅行会長)は、3月18日、しもだサーモンパークで日米合同鮭の稚魚放流会を開催しました。町内のこども園・幼稚園9園に通う園児らと米軍三沢基地の家族連れなどおよそ400人が参加し、鮭が元気に戻ってくることを願って約50万尾の稚魚を放流しました。

この放流会は、旧下田町の頃から毎年の恒例行事として行っていましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で中止が続いており、今回は約4年ぶり、14回目(通算では24回目)の開催となりました。参加した子どもたちは、「元気でね!」「Good bye fish!」と声をかけながら稚魚を放流していました。

 

無事に戻ってくることを願って稚魚を放流する子どもたち

▲無事に戻ってくることを願って稚魚を放流する子どもたち

開会セレモニーでは、日米の子どもたちが記念のプレゼント交換をしました

▲開会セレモニーでは、日米の子どもたちが記念のプレゼント交換をしました。

 

総務課から『まちのわだい』をお知らせしました。

 

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る