ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 環境保健課 健康長寿推進室 > あなたの「こころ」、元気ですか?【「こころの健康診断」 「こころの健康窓口」について】

あなたの「こころ」、元気ですか?【「こころの健康診断」 「こころの健康窓口」について】

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月3日更新
  • 自殺予防週間 9月10日から16日
  • 世界自殺予防デー 9月10日
  • 自殺対策強化月間 3月

誰でも「うつ病」になる可能性があります

うつ病とは

  • 日本人の15人に1人の割合で一生に一度はかかる可能性のある心の病気です (40~50歳代に発症しやすい。)
  • 「気のもちよう」「弱さ」からくる病気ではなく、ストレスによる脳のエネルギー不足(機能障害)が原因です
  • 受診を判断する症状は「眠れない」「食べれない(体重が減少)」「気分の落ち込み」※2週間以上続くなら受診が必要です放置し重症化することで自殺につながることがありますが、適切な治療をすれば必ず良くなる病気で、治療開始が早いほど短期間で回復します。

おいらせ町では「こころの健康診断」を実施しています

町の自殺対策の一つとして、平成20年度より青森県立保健大学の協力のもと実施しています。

自殺の背景にある原因として多い「うつ病」を早期発見し早期治療につなげるための取り組みで、おいらせ町では自殺者が多い傾向にある「働き盛りの男性」と「高齢者」を対象に実施しています。

※毎年、年度内に30歳、35歳、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳に達する男性、65歳、70歳に達する男女が対象です。
 (対象外の年齢の方で受診を希望する方はご連絡ください)。

※「こころの健康診断」は、送付された問診票に回答し返送するだけの健康診断です。
  対象者には毎年10月頃に問診票を郵送させていただきますので、ぜひ受診してください。

「こころの健康窓口」をご利用ください

悩みには必ず解決の糸口があります。抱え込まず、まずは誰かに話すことが大切です。
“話をしても解決しないし、状況が変わらない”と考える方もいますが、誰かに話すと気持ちが楽になります。また、自分では気づかなかった問題点や解決策がみつかることもあります。誰に相談しても良いのです。家族、友人、相談機関など(別添資料参照)相談しやすい相手にぜひ相談しましょう。

こころの健康相談窓口

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る