ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子どもの予防接種の受け方

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年6月30日更新

令和4年度定期予防接種のお知らせ

おいらせ町が実施する定期予防接種は以下のとおりです。対象年齢内に忘れず接種しましょう

定期予防接種の種類

  • ロタウイルスワクチン
  • B型肝炎ワクチン
  • ヒブワクチン
  • 小児用肺炎球菌ワクチン
  • 四種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)
  • 二種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風)
  • BCG(結核)
  • 麻しん風しん混合ワクチン
  • 水痘(水ぼうそう)
  • 日本脳炎ワクチン
  • 不活化ポリオワクチン
  • 子宮頸がん予防ワクチン

 

ロタウイルスワクチン

ワクチンは1価と5価の2種類あり、どちらか1種類を使います

 対象年齢

   ・1価ワクチンは、出生6週0日から24週0日まで
   ・5価ワクチンは、出生6週0日から32週0日まで

 標準の接種年齢

   ・初回を生後2月~14週6日までに接種

 接種方法及び回数

   ・1価ワクチンは、27日以上の間隔で2回経口接種
   ・5価ワクチンは、27日以上の間隔で3回経口接種

B型肝炎ワクチン

対象年齢

   ・生後1歳未満

標準の接種年齢

   ・生後2月~8月

接種方法及び回数

   ・27日以上の間隔で2回接種後、1回目の接種から139日以上の間隔で1回

ヒブワクチン

   ・接種を開始する年齢によって接種回数が異なります。  (注意)標準的な接種開始年齢は生後2か月~6か月です。

対象年齢

   ・生後2月~60月(5歳)未満

接種方法及び回数

(1)生後2月~6月で接種を開始した場合

   ●初回:生後1歳に至るまでに27日以上、標準的には27日~56日までの間隔で3回

   ●追加:初回3回目接種終了後7か月以上、標準的には7か月~13か月までの間隔で1回

       (注意) 生後1歳に至るまでに初回接種を終了しなかった場合は、残りの接種は行わず、追加接種を初回接種後27日以上の間隔で1回行う

(2)生後7月~11月で接種を開始した場合

   ●初回:生後1歳に至るまでに27日以上、標準的には27日~56日までの間隔で2回

   ●追加:初回2回目接種終了後7か月以上、標準的には7か月~13か月までの間隔で1回

       (注意)生後1歳に至るまでに初回接種を終了しなかった場合は、残りの接種は行わず、追加接種を初回接種後27日以上の間隔で1回行う

(3)生後12月~60月で接種を開始した場合

   ・1回接種

小児用肺炎球菌ワクチン

    接種を開始する年齢によって接種回数が異なります。 (注意)標準的な接種開始年齢は生後2か月~6か月です。

対象年齢

        ・生後2月~60月(5歳)未満

接種方法及び回数

(1)生後2月~6月で接種を開始した場合

       ●初回:標準的には生後1歳に至るまでに27日以上の間隔で3回

       ●追加:初回3回目接種終了後60日以上の間隔で、生後1歳以降、標準的には生後1歳~1歳3か月に至るまでに1回

          (注意)初回2回目の接種が1歳を超えた場合または生後2歳に至るまでに初回接種を終了しなかった場合は、残りの接種は

           行わず、追加接種を初回接種後60日以上の間隔で1回行う

(2)生後7月~11月で接種を開始した場合

       ●初回:標準的には生後1歳に至るまでに27日以上の間隔で2回

       ●追加:初回2回目接種終了後60日以上の間隔で、生後1歳以降、標準的には生後1歳~1歳3か月に至るまでに1回

              (注意)生後2歳に至るまでに初回接種を終了しなかった場合は、残りの接種は行わず、追加接種を初回接種後60日以上の間隔で

                            1回行う

(3)生後12月~23月で接種を開始した場合

        ・60日以上の間隔で2回

(4)生後24月~5歳未満で接種を開始した場合

        ・1回

四種混合 (ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風)  1期初回

対象年齢

        ・生後3月~90月(7歳6月)未満

標準の接種年齢

        ・生後3月~11月

接種方法及び接種回数

        ・20日以上、標準的には20日~56日までの間隔で3回

四種混合 (ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風)  1期追加

対象年齢

        ・生後3月~90月(7歳6月)未満

標準の接種年齢

       ・1期初回3回目接種終了後、1年~1年半未満の間

接種方法及び接種回数

         ・1期初回3回目接種終了後、6か月以上、標準的には1年~1年半までの間隔で1回

 

三種混合 (ジフテリア、百日せき、破傷風)

  •  種混合ワクチンの販売終了に伴い、三種混合ワクチンの接種が完了していない方は、四種混合ワクチンを使用することとなりました。
  •  対象年齢、標準の接種期間、接種方法及び回数については四種混合の欄をご覧ください。

     厚生労働省ホームページ「ポリオとポリオワクチンの基礎知識 Q&A」

BCG(結核)

対象年齢

        ・生後3月~1歳未満

標準の接種年齢

        ・生後5月~7月

接種回数

        ・1回

 

麻しん風しん混合ワクチン   1期

       生後12か月以降できるだけ早期に接種しましょう。

対象年齢

        ・生後1歳~2歳未満

標準の接種年齢

        ・生後1歳~1歳2月

接種回数

       ・1回

麻しん風しん混合ワクチン   2期

       1期を接種していなくても接種できます。

対象年齢

       ・小学校へ入学する前年の4月1日から入学する前月の3月31日まで

       ・対象者には接種時期にお知らせします。

接種回数

       ・1回

 

水痘(水ぼうそう)

        水痘にかかったことがある方は対象外になります。

対象年齢

        ・生後1歳~3歳未満

標準の接種年齢

       ・1回目の標準の接種年齢は生後1歳~1歳2月

接種方法及び接種回数

        ・3か月以上、標準的には6か月~12か月までの間隔で2回

日本脳炎ワクチン  1期初回

対象年齢

        ・生後6月~90月(7歳6月)未満

標準の接種年齢

       ・3歳  

接種方法及び回数

       ・6日以上、標準的には6日~28日までの間隔で2回

日本脳炎ワクチン  1期追加

対象年齢

       ・生後3歳~90月(7歳6月)未満

標準の接種年齢

       4歳

接種方法及び回数

       1期初回2回目接種終了後6か月以上、標準的にはおおむね1年を経過した時期に1回

 

日本脳炎ワクチン   2期

対象年齢

       ・9歳~13歳未満 

       ・対象者には接種時期にお知らせします。

接種方法及び回数

      ・1回

 

不活化ポリオワクチン

任意で不活化ポリオワクチンを接種した方は、医師の判断と保護者の同意に基づき、既に接種した回数分のポリオの予防接種を受けたものとみなすことができます。

 

これまでにポリオワクチンを接種した方の今後の接種回数

 
これまでの接種状況 今後の接種回数
ポリオワクチンを1回も受けていない方 4回(初回3回、追加1回)
生ポリオワクチンを1回受けた方 3回(初回2回、追加1回)
任意で不活化ポリオワクチンを受けた方 合計4回となるよう残りを接種
生ポリオワクチンを2回受けた方 接種の必要はありません

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る