ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

よくある質問(ワクチン接種対策室)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

このページでは、おいらせ町における新型コロナウイルスワクチン(以下、「ワクチン」という。)の接種に関するよくある質問を掲載します。
質問・回答は随時更新いたします。
回答内容は掲載時点での情報であり、予告なく変更となる場合があります。ご承知おきください。
一般的なワクチンに関するご質問は、厚生労働省のホームページに記載されているQ&Aをご確認ください。
 新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)<外部リンク>

おいらせ町での接種に関するご質問は、町コールセンターまでお問い合わせください。
 おいらせ町コロナワクチン専用コールセンター
 電話番号 050-5445-3064(ナビダイヤル)
 受け付け時間 平日9時00分~17時00分

おいらせ町のワクチントップページはこちら
 新型コロナウイルスワクチン接種に関するお知らせ

ワクチンの接種について

1.新型コロナウイルスワクチンの接種を希望しません。接種しなくてもよいでしょうか。

新型コロナウイルスワクチン接種は、コロナウイルスに感染した場合に、発症や重症化を予防する効果が期待されています。強制接種ではなく、あくまでご本人の意思に基づいて受けていただくものですので、接種を希望されない場合は、無理に接種する必要はありません。

2.接種を受けないことによる罰則はありますか。

ありません。

3.ワクチン接種にお金はかかりますか。

無料(公費負担)です。
予約金、手数料、接種料など、一切かかりません。詐欺にお気を付けください。

4.どうすればワクチン接種ができますか。

ワクチン接種を受けるタイミングになったら、町からおひとり1通、クーポン券をお送りします。
クーポン券がお手元に届いた後、コールセンターへ予約をしていただく予定です。
クーポン券の発送時期が決まりましたら、予約方法の詳細とともにホームページ等でお知らせいたします。

5.クーポン券(ワクチン接種券)はいつ届きますか。

ワクチンの供給量に応じて、年齢などの優先順位をもとに段階的に送付するので、同じ世帯のご家族でも、クーポン券の到着時期が異なることがあります。
ワクチンの供給量が明らかになり、クーポン券の発送時期などの詳細が決まりましたら、ホームページ等でお知らせします。

6.ワクチン接種はいつから始まりますか。

4月以降にワクチンが供給されますが、ワクチンの供給量が不明なため、具体的な時期は未定です。

7.接種するワクチンは選べますか。

現時点ではおいらせ町民(65歳以上)はファイザー社のワクチンを接種する予定となっています。
また、複数のワクチンが供給された場合も、2回目の接種では、1回目に接種したワクチンと同じ種類のワクチンを接種する必要があります。

8.何回接種する必要がありますか。

1人2回です。

(1)町からクーポン券が郵送される。
(2)1回目の予約をする。
(3)1回目の接種を受ける。
(4)2回目の予約をする。
(5)2回目の接種を受ける。

という流れになります。

対象者について

1.年齢制限はありますか。

ファイザー社製のワクチンは16歳以上の方が接種対象となります。

2.おいらせ町民です。おいらせ町以外でもワクチン接種を受けられますか。

ワクチン接種を希望するおいらせ町民の方は、原則としておいらせ町内で接種を受けることになります。
ただし、やむを得ない事情がある場合に限り、おいらせ町外で接種を受けることができる場合がありますので、実際に居住している市町村にお問い合わせください。

3.おいらせ町以外の場所に住民票があります。おいらせ町でワクチン接種を受けられますか。

原則として、住民票のある市町村でワクチン接種を受けていただくことになります。
ただし、厚生労働省のホームページでは、次のような事情のある方は、住所地以外でワクチンを受けていただくことができる見込みとの記載があります。

・入院または入所中の住所地以外の医療機関や施設でワクチンを受ける方
・基礎疾患で治療中の医療機関でワクチンを受ける方
・お住まいが住所地と異なる方

おいらせ町でも、このような方にもワクチン接種を受けていただけるよう、体制を整えてまいります。
詳細が決まり次第、ホームページ等でお知らせいたします。

4.ワクチンを接種できない人はどのような人ですか。

一般に、以下の方は、ワクチンを受けることができません。ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチンを受けても良いか、かかりつけ医にご相談ください。
・明らかに発熱している方(※1)
・重い急性疾患にかかっている方
・ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症(※2)の既往歴のある方
・上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方
(※1)明らかな発熱とは通常37.5℃以上を指します。ただし、37.5℃を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。
(※2)アナフィラキシーや、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状。

5.ワクチンを受けるのに注意が必要なのはどのような人ですか。

一般に、以下の方は、ワクチンを受けるに当たって注意が必要です。ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチンを受けても良いか、かかりつけ医にご相談ください。
・過去に免疫不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方
・心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障がいなどの基礎疾患のある方
・過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状がでた方
・過去にけいれんを起こしたことがある方
・ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方
また、新型コロナワクチンは筋肉内に注射することから、
・抗凝固療法を受けている人、血小板減少症または凝固障がいのある方
は、接種後の出血に注意が必要とされています。

6.基礎疾患とは、どんなものが当てはまりますか。

基礎疾患のある方とは、以下のいずれかに当てはまる方です。

(1)以下の病気や状態の方で、通院/入院している方
 ・慢性の呼吸器の病気
 ・慢性の心臓病(高血圧を含む。)
 ・慢性の腎臓病
 ・慢性の肝臓病(肝硬変等)
 ・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
 ・血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
 ・免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
 ・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
 ・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
 ・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障がい等)
 ・染色体異常
 ・重症心身障がい(重度の肢体不自由と重度の知的障がいとが重複した状態)
 ・睡眠時無呼吸症候群
 ・重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障がい者手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障がい(療育手帳を所持している場合)
(2)基準(BMI30以上)を満たす肥満の方
 ※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
 ※BMI30の目安:身長170cmで体重87kg、身長160cmで体重77kg

7.基礎疾患がありますが、どうすればワクチンの優先接種を受けられますか。

まずは、かかりつけ医等とご相談の上、ワクチンの優先接種を受けるかどうかお決めください。
次に、クーポン券を発送するため、基礎疾患を有する方には自己申告をしていただく予定ですが、申告方法は現在検討中です。
接種予約の取り方は他の対象者と同様になります。
なお、国の示す基準によると、基礎疾患を有する方は、高齢者の次にワクチンの優先接種ができると制度で位置づけられておりますが、接種時期については未定となっております。
詳細が決まり次第、ホームページ等でお知らせいたします。

8.持病があるので、ワクチンを接種していいのか心配です。

現在、何かの病気で治療中の方や、体調など接種に不安がある方は、かかりつけ医等とご相談の上、ワクチン接種を受けるかどうかお決めください。また、かかりつけ医など相談できる相手がいない方は、青森県のコールセンターにご相談ください。

【医学的知見が必要となる専門的なご質問・ご相談はこちら】
青森県新型コロナウイルスワクチン相談センター
0570-012-018
受け付け時間:土日・祝日を除く9:00~17:00


※ワクチン接種後に生じた副反応に係る相談等に対応します。医療機関等の紹介は行っていないため、診察を希望される場合は、かかりつけ医や接種した医療機関にご相談ください。

9.妊娠中や授乳中の人は、ワクチンを受けることができますか。

妊娠中、授乳中の方も、新型コロナワクチンを受けることができます。
ただし、妊婦または妊娠している可能性のある女性には、海外の実使用経験などから現時点で特段の心配が認められているわけではありませんが、安全性に関するデータが限られていることから、接種のメリットとデメリットをよく検討して接種を判断していただくこととしています。
なお、日本産婦人科感染症学会・産婦人科学会からは、「感染リスクが高い医療従事者、重症化リスクがある可能性がある肥満や糖尿病など基礎疾患を合併している方は、ワクチン接種を考慮する」と提言されています。
また、授乳中の女性については、現時点で特段の心配が認められているわけではなく、海外でも接種の対象とされています。 ワクチンを受けるかお悩みの方は、主治医とご相談ください。

10.身内に医療従事者・高齢者がいます。家族も優先的に接種を受けられますか。

次に示す範囲に該当されない方は、同居家族等であってもワクチンを優先的に接種することはできません。
順次発送されるクーポン券(ワクチン接種券)をお待ちいただき、ワクチンを接種する流れとなります。

≪ワクチンの優先接種について≫
国から示された医療従事者等の範囲として、以下の4点が挙げられています。
・病院、診療所において、新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む。以下同じ。)に頻繁に接する機会のある医師その他の職員
・薬局において、新型コロナウイルス感染症患者に頻繁に接する機会のある薬剤師その他の職員(登録販売者を含む。)
・新型コロナウイルス感染症患者を搬送する救急隊員等、海上保安庁職員、自衛隊職員
・自治体等の新型コロナウイルス感染症対策業務において、新型コロナウイルス感染症患者に頻繁に接する業務を行う者

国から示された高齢者の範囲として、以下の1点が挙げられています。
・令和3年度中に満65歳以上に達する方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)

接種会場について

1.どこで接種できますか。

町内7か所の医療機関で接種できます。

個別接種医療機関
医療機関名
国民健康保険おいらせ病院    
石田温泉病院        
三上医院            
下田診療所    
こんの医院    
下田東クリニック    
青い森こどもアレルギークリニック      

※コールセンターでの予約が必要です。
※医療機関ごとに受け付け時間が異なります。
※「▲」は指定の日のみ実施します。

2.接種するとき、持ち物はなにが必要ですか。

クーポン券(ワクチン接種券)と本人確認書類(免許証等)が必要です。
※おくすり手帳をお持ちの方はご準備ください。

3.接種するとき、どんな服装で行けばいいですか。

肩や腕が出しやすい半袖の衣服が望ましいです。
また、マスクの着用をお願いします。
健康上の理由等でマスクの着用が難しい方は、当日会場にて申し出てください。

4.マイナンバーカードは必要ですか。

不要です。マイナンバーカードがなくても接種可能です。
ただし、本人確認書類として使用することは可能です。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る