ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画財政課 > 地域おこし協力隊の募集

地域おこし協力隊の募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月14日更新

地域おこし協力隊募集

青森県内で「おいらせ町」は人口が増加している数少ない自治体の一つですが、今後、人口減少することが推測されています。
人口減少は地域経済の縮小をもたらし負のスパイラルを形成します。
この負のスパイラルを断ち切るために、定住人口を確保するため、当町の定住環境の良さを多くの方へ届ける必要があります。

これらのことから、

おいらせ町へ移住しやすい環境づくりを担っていただける地域おこし協力隊を募集します! 

募集要項
雇用関係の有無あり(非常勤特別職の職員として町長が委嘱)
募集人数1人
活動内容

・移住コーディネーター業務(移住相談や移住後のサポート等)
・移住に関する情報の効果的発信
・移住に関するイベント実施
・空き家バンクの運営
・結婚支援業務
・移住者の受け入れ態勢の構築
・活動終了時の企業、就業のための研修等
・その他移住促進に関する業務

募集対象

(全体事項) 下記(1)~(5)全ての要件を満たす方
 (1) 年齢20歳以上、40歳未満の方(平成29年4月1日現在)
 (2) 地方公務員法第16条に規定する一般職の職員の欠格条項に該当しない方。
 (3) 心身ともに健康で、地域おこし活動に意欲と情熱があり積極的に活動できる方。
 (4) 生活の拠点を三大都市圏及び都市地域等(※要綱第3条で定める地域)からおいらせ町に移し、住民票を異動させることができる方。
 (5) 協力隊終了後も町に定住する意思のある方。

(活動に際して) 下記(1)~(4)全ての要件を満たす方。
 (1) 活動に際して町の条例及び規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方。
 (2) 土日及び祝日の行事参加や夜間の会議など、不規則な勤務に対応できる方。
 (3) 普通自動車運転免許を取得している方。
 (4) パソコン(Word、Excel、PowerPointなど)の一般的な操作ができ、SNS等の活動ができる方。

勤務地おいらせ町役場企画財政課内
勤務日数

週5日間

勤務時間

原則午前9時から午後4時(1日6時間勤務、昼休憩1時間)
※夜間、土日等の勤務は、週勤務時間内で調整します。

雇用期間委嘱のあった日から平成30年3月31日まで
次年度からは年度ごとに委嘱することができるものとし、最長3年間(平成32年3月31日まで)
報酬月額166,000円
待遇・福利厚生

(1) 町が指定する住宅に居住。協力隊の活動期間中は無償で貸与予定。※光熱水費等は個人負担
(2) 勤務時間中は、パソコンと公用車等の備品を貸与。
(3) おいらせ町内での生活や通勤の手段として自家用車は必要不可欠ですので自家用車の持ち込みをお勧めします。
(4) 健康保険・厚生年金・雇用保険等の社会保険に加入します。

応募期間

平成29年5月1日(月)から平成29年5月31日(水)必着。郵送での受付。

応募書類(1) おいらせ町地域おこし協力隊応募用紙応募用紙(様式1) [Wordファイル/37KB]
(2) レポート(A4用紙2枚以内で縦長・横書き。明朝体12pt。図の挿入等も可。氏名、住所を記載すること)
   レポートテーマ「資格・特技を活かした移住支援活動内容と3年後の自分」
(3) 住民票(抄本)を添付
応募書類提出先〒039-2192 青森県上北郡おいらせ町中下田135-2 おいらせ町役場 企画財政課「地域おこし協力隊」担当宛
選考の流れ

(1) 第1次選考 (書類選考) 6月中旬予定
(2) 第2次選考 (面接) 6月下旬予定

※おいらせ町地域おこし協力隊設置要綱第3条
埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県並びに札幌市、仙台市、新潟市、静岡市、浜松市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市及び熊本市のうち、過疎地域自立促進特別措置法(平成12年法律第15号)、山村振興法(昭和40年法律第64号)、離島振興法(昭和28年法律第72号)及び半島振興法(昭和60年法律第63号)に指定された地域以外の地域

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る