ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり > 自治基本条例 > 住民自治組織(地域づくり協議会)
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり > 町民参画 > 住民自治組織(地域づくり協議会)

住民自治組織(地域づくり協議会)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月8日更新

平成21年4月1日施行の自治基本条例でうたわれている、町民、議会、行政が協働のまちづくりを進めるための母体となる「住民自治組織(地域づくり協議会)」は、現在、「木内々小学校区地域づくり協議会」と「古間木山連合町内会」の2団体が活動しています。

この組織は、一つの町内会や団体などで対応が難しい課題や問題を掘り起こして、地域で話し合い、責任を持って解決していくことで、自立した地域づくりを目指しています。

地域づくり協議会では、こんなことをやっています(活動例)

  • 地域のみんなが交流するイベントの企画、運営を行います。
  • 安全な通学路を確保するために、歩道除雪をしています。
  • 地域の危険個所の点検やカーブミラーの設置をしています。
  • みんなが利用する集会所や公園の管理をしています。
  • 防災訓練を行い、災害時の動きや体制をシミュレーションしています。

たくさんの人が集まって盆踊りをしている写真です。 盆踊りで串もちを焼いて提供している様子の写真です。 

お隣の町内会と一緒に

地域づくり協議会ではありませんが、親睦を深めるために近隣町内会合同でお花見を開催している地区もあります。

公園にブルーシートを敷いて、花見をしながら会食している写真です。 

協議会の設立

面積、世帯人口など一定の基準を満たす地域が対象になります。詳しくは、下記ダウンロードファイルでご確認ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る