ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 令和元年分(平成31年分)の所得申告を受け付けします

令和元年分(平成31年分)の所得申告を受け付けします

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月1日更新

令和2年2月17日(月曜)から令和元年分(平成31年分)の所得申告を受け付けます。
申告いただいた所得は、町・県民税、国民健康保険税、保育料などの算定資料となりますので、期限内の申告をお願いします。
また、収入が無い人でも、住民税の申告は必要です。 

申告期間

令和2年2月17日(月曜)~3月16日(月曜)

申告会場 ・ 受付時間

  • 申告会場・・・・・・・おいらせ町役場 本庁舎2階 201会議室
  • 受付時間・・・・・・・8時15分~11時30分 / 13時00分~15時30分
  • 申告相談時間・・・8時30分~12時00分 / 13時00分~15時30分

  ※混雑状況により、午前の受付でも午後の申告相談となる場合があります。

  ※役場の正面玄関は午前8時に開きます。

申告受付日程表

例年どおり地区を指定し、所得申告を受け付けます。
混雑整理のため、お住まいの地区の受付日にお越しくださるようご協力ください。

申告を受け付けする地域
2月17日(月曜日)明神下、横道、鶉久保

18日(火曜日)

根岸、黒坂、住吉町、曙、芦野団地
19日(水曜日)堀切川、川口、三田、三田団地、三本木、奥入瀬団地、
20日(木曜日)

洋光台、向山

21日(金曜日)

一川目一丁目、中野平、苗振谷地、向坂

25日(火曜日)一川目二・三丁目、本村、鍋久保
26日(水曜日)一川目四丁目、深沢、新敷、洗平
27日(木曜日)日ヶ久保、間木、染屋
28日(金曜日)二川目一丁目、若葉
3月1日(日曜日)町内全地区   ※混雑が予想されます。
2日(月曜日)二川目二丁目、青葉
3日(火曜日)二川目三丁目、緑ヶ丘
4日(水曜日)二川目四丁目、豊原、錦ヶ丘
5日(木曜日)藤ヶ森、木ノ下、苫米地
6日(金曜日)藤ヶ森、木ノ下、苫米地
9日(月曜日)本町一~五丁目、八幡町、中央町、秋堂
10日(火曜日)本町六丁目、下前田、豊栄、木崎
11日(水曜日)肴町、大工町、阿光坊、上新町
12日(木曜日)七軒町、新町、木内々、有楽町
13日(金曜日)町内全地区   ※混雑が予想されます。
16日(月曜日)町内全地区   ※混雑が予想されます。
 介護や仕事の都合により、どうしても都合がつかない場合は、対象地区以外の日でも受け付けます。
 なお、その日の受付状況によっては、対象地区の人でも待ち時間が長くなる場合がありますが、ご理解くださるようお願いします。

申告が必要な人

令和2年1月1日現在でおいらせ町に住所がある人が対象です。次のフローチャートで申告が必要かご確認ください。

申告対象者のフローチャート

会場で受付できない人

次の1~3に当てはまる人は、税務署で申告してください。

  1. 青色申告の人
  2. 土地、株式の譲渡所得や上場株式などの配当、先物取引による所得があるなど相談内容が複雑な人
  3. 相続税・贈与税の申告の人

【十和田税務署の申告書作成会場】

  • 開設期間  令和2年2月16日(月曜日)から3月16日(月曜日) まで
  • 開設時間  9時から17時まで
  • お問合先  0176-23-3151 
  • 場   所  十和田奥入瀬合同庁舎1階 共用会議室 (十和田市西二番町14-12)                                      

(十和田税務署 案内 http://www.nta.go.jp/about/organization/sendai/location/aomori/towada/index.htm<外部リンク>)   

申告期限・納期限口座振替日
所得税・復興特別所得税

3月16日(月曜日)

4月21日(火曜日)

贈与税
消費税および地方消費税3月31日(水曜日)4月23日(木曜日)

 所得税の納付には振替納税がおすすめです

所得税の納付には、預貯金口座から自動的に引き落としになる「振替納税」が便利です。手続きには次のものが必要です。

  1. 預貯金口座の金融機関名と支店名と口座番号
  2. 通帳に使っているはんこ
  3. 所得を計算できるもの

申告に必要なもの

対象必要書類

すべての申告者

(申告対象者本人のものが必要です)

  1. はんこ
  2. マイナンバーカード
    またはマイナンバー通知カードと身分証(運転免許証や保険証など)
  3. 「確定申告お知らせはがき」または「確定申告書」(税務署から郵送された人のみ)
  4. 預貯金通帳(所得税の還付を受ける際に必要)

所得に
関するもの

給与・年金源泉徴収票
営業・農業・不動産収支内訳書
(必ず事前に集計して作成ください、未集計の場合は受け付けできません)
控除に
関するもの
社会保険料控除国民健康保険税、健康保険任意継続保険料、国民年金保険料、介護保険料などの領収書や納付証明書など
生命・地震保険料控除保険料の控除証明書
医療費控除

「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」を必ず作成してください。
※従来の医療費控除とセルフメディケーション税制はどちらか一方を選択して適用を受けることになります。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について
【国税庁HP】https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/r01junbi/info-iryouhikoujo3.htm<外部リンク>

障害者控除障害者手帳、愛護手帳、障害者控除対象者認定書(要介護認定者用)
寄附金控除寄附金受領証明書

 

 

 

 

 

 

 

 

ご家族の申告をされる場合も、上記の本人確認書類をお持ちください!

     その際、上記の「申告に必要なもの」を準備し、次のことを必ず確認してください。

    1. 勤務先の名称、所在地、電話番号や仕事の内容など
    2. 扶養家族がいる場合、その氏名や生年月日、住所など

申告しないと、いったいどうなるか

所得税納めすぎた所得税が還付されません。
また、追加で納付が発生する場合、無申告加算税や延滞税が追加されることがあります。
町県民税医療費控除などを受ける場合、申告しなければ控除されません。その結果税金が高くなります。
国民健康保険税・
後期高齢者医療保険料

未申告の人が世帯にいる場合、軽減措置が適用できず高く算定される場合があります。
被保険者および世帯主の方は特にご注意ください。

保育料最高額で算定されることがあります。
国民年金免除申請ができません。
所得証明・課税証明各種手続きや扶養届などの添付書類として提出を求められる、所得や課税に関する証明書を交付することができません。
各種給付サービス対象者資格の判定、サービスの内容などに影響が出る場合があります。

インターネットを使って、簡単・便利な申告を!

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る