ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

秋の下田公園

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月20日更新

季節は次第に、秋から冬へと移り変わっていきます。
下田公園の紅葉はピークを過ぎてしまいましたが、高台にあるキャンプ場では、まだ赤と黄に色づいた葉が園内を鮮やかにしています。

下田公園キャンプ場の紅葉の様子です。

高さが30メートルある展望台からは太平洋まで眺望ことができますので、このすばらしい風景をぜひ体験してみてはいかがでしょうか。
(冬期間は事故防止のため閉鎖しています。)

下田公園キャンプ場から展望台を眺めるイメージ晴天に展望台と紅葉が映える様子です。

キャンプ場からは、下に降りる木造の遊歩道が整備されています。特に午前中はウォーキングをしている人が多いです。

歩いていると、足元にどんぐりが落ちていることに気づきました。

地面にツヤがあるどんぐりが落ちている様子。

そのあとに、近くで何かの鳴き声が聞こえたと思い、あたりを見渡すと、木の上に数匹の「ニホンリス」がいました。
食べ物を探していたのでしょうか。それとも、じゃれ合っていたのでしょうか。すばやい動きで地面から木の上まで何往復も駈けていました。

ニホンリスが木の上で止まっている様子。

10月29日(日曜日)に開催した植樹会でも、どんぐりがなる「コナラ」という木を植えました。
私たちだけでなく、動物たちの住処(すみか)、そして憩いの場になっている下田公園。これからも、人や動物が集う自然豊かな公園であるといいですね。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る