ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > おいらせ観光情報 > 「ホッキ漁」がはじまりました

「ホッキ漁」がはじまりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月7日更新

待ちに待った冬限定の水産資源、「ホッキ貝」の漁が始まりました。
12月から翌年3月までの期間に水揚げされ、お刺身やしゃぶしゃぶなどにして食べられます。

漁は日が昇る前から準備をし、朝早くに出港します。海の男たちがいざ、出陣です!

夜明け前に船に灯りを付けて出港の準備をします。早朝に漁船が漁港を出る様子です。

どのように獲るかというと、籠のような仕掛けを海底に沈めて、船で引っ張ります。
すると、海底にいる貝が籠の中に入るので、それを引き上げます。
黒くてごろごろとしたホッキ貝がたくさん揚げられました。

ホッキ貝が船に水揚げされた様子です。

ちなみに、水産資源の乱獲を防ぐために1日あたりの水揚げ量が制限されています。
ホッキ貝さん、また会いましょう!

船上で箱に入れられたホッキ貝を漁港まで運んでいます。

12月3日(日曜日)に行われた今年最後の「おいらせ軽トラ市」では、当日、百石漁港に水揚げされた新鮮で身がぷりっぷりのホッキ貝即売会が開かれました。ブースには開始前から人が集まり、用意した600kgの貝は完売。大人気であることがわかります。

軽トラ市でホッキ貝を販売している様子です。

今年度の「ホッキ漁」は始まったばかりです。町のうま味を知って、たくさんの消費者にリピーターそしてファンになっていただきたいです。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る