ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ガラス玉づくり

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月1日更新

ガラス玉づくり

ガラス玉づくり

 おいらせ阿光坊古墳館では11月26日、『ガラス玉づくり』 講座を行いました。古代のガラス玉(ビーズ)は、粘土でできた鋳型にガラスを細かくくだいた粉ガラスを入れて焼き上げる製造法です。

 阿光坊古墳群からはガラスの小玉が出土しています。阿光坊古墳群が造られた7世紀から9世紀の東北地方には、ガラス製法の技術はまだ伝わっておらず、中央からもたらされたと考えられています。青く小さなガラス玉はとても貴重なものだったことでしょう。ぜひ展示室でごらんください。

 体験講座には小学生から大人の方まで8名が参加し、鋳型に墨汁を塗り、カヤで芯(ガラス玉のあなの部分)を作り、粉ガラスを鋳型に入れ込む一連の作業を体験しました。

ガラス玉づくり

 ガラスの入った鋳型は電気炉で焼き上げるため、焼き上げと熱を冷ます時間が必要なため3時間と長い時間の体験でしたが、焼きあがったガラス玉はどれもあながつぶれてしまうことはなく、じょうずに焼き上がっていました。

 阿光坊古墳館では、古代の技術を体験できるさまざまな体験学習講座を行っています。光の差し込む明るい体験学習室で、古代のものづくりをいっしょに楽しんでみませんか。

ガラス玉づくり

おいらせ阿光坊古墳館 利用案内

住所〒039-2165 青森県上北郡おいらせ町阿光坊107-4
開館時間9時00分から17時00分(入館は16時30分まで)
展示室観覧料一般200円、高校・大学生100円、小・中学生50円
(団体15名以上)一般150円、高校・大学生70円、小・中学生30円
休館日毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)、年末年始
Tel0178-20-0405
Fax0178-20-0465
※おいらせ阿光坊古墳館は入館無料、展示室観覧のみ有料です。

アクセス

鉄道・バス

青い森鉄道「下田駅」下車⇒おいらせ町民バス(南線内回り)「阿光坊古墳群」下車(徒歩3分)

バス

おいらせ町民バス(南線)⇒「阿光坊古墳群」下車(徒歩3分)
十和田観光電鉄バス(八戸十和田線)⇒「下阿光坊」下車(徒歩3分)

自動車下田・百石インターチェンジから国道45号を十和田方面へ3km

阿光坊古墳館地図


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る